雨ヶ森(あめがもり)1390m
 ■
高知県
 ■
2008年7月6日(日)晴れ
 ■
地図クリック


   自宅-高松西ICam3:45-大豊ICam5:00-R439-池川
   岩柄登山口am6:25-出発am6:45-滝am7:10-800m地点小休止
   渓流am8:10-ルンゼam8:35-岩屋am9:15-尾根am9:20
   岩場(小休止)am9:50-山頂am10:20
   出発am10:40-尾根(昼食)am11:15-出発am11:30
   岩屋am11:35-ルンゼpm12:10-渓流-滝pm1:05-登山口pm1:25
   
■歩行時間約6時間(休憩含む)
   
今年の1月、石墨山でお会いした方から
雨ヶ森山頂からの展望は素晴らしいですよ!
とお聞きしていた。
いつ登ろうか...と思いチャンスを狙っていたが
なかなか登る事が出来なかった。
花散策も一段落、北アルプス行きの訓練も兼ねて?
登ってみる事に.....
登るにあたり色々と調べてみると岩柄登山口からは
標高差約900mを登らないといけないらしい〜
おまけに登山道が荒れてるってぇ〜^^;
林道からの登山口もあるようだが初めての山なので
分県に従う事にした。
暑さが懸念されるのでとにかく朝早く登ろう!という事になり
am3:00に起床、高松西ICをam3:45に通過.....
しかし考えてみると早過ぎてETC割引が適用されないんじゃあ?
仕方が無いので途中のサーピスエリアにて待機!
(無理して早く起きなくてもよかったみたい...)
am5:00大豊ICで降りる(笑)
R439を西へ向かって走る....
殆ど信号も無く快適な道だ。途中R194と交差するが先に進む
池川大橋を渡り鋭角に曲がると池川?の町
学校や銀行、病院も有りちょっとした町並み
さらにR439を土居川沿いに走る。ナリヤマからR439を離れ
林道を進むと岩柄集落が見えて来た!
林道終点手前に少し広くなった場所がありそこが雨ヶ森登山口!
ここにも2,3台は駐車可能だがさらに奥へ進むと
数台駐車出来る広場があります。
準備しam7:00前、廃屋の横を通り出発!


▲登山口の標識有り(道幅が広くなっているので2、3台駐車可さらに奥に駐車出来る広場有り


▲ここから登ります                ▲ホタルブクロ


▲マルバマンネングサ
石垣の間を進む....
以前はこの辺りまで民家があったのでしょうか
当時が偲ばれます。
石垣が終わると頭上にしめ縄!
信仰の山だという事がうかがえる
さぁ〜ここから本格的な登山道だ
植林の中をジクザクに登って行く(結構な急登)
途中、左手にが見えて来たが樹木にさえぎられ
キレイな写真は写せません〜^^;
蒸し暑く、汗が一気に吹き出る
展望も無く単調な登りが続く....
登山口からやっと三分の一!800m地点で小休止!
もうすでにバテバテです〜^^;
この先どうなるのか不安〜


゛景色いいのはここまで゛と小さく書かれています      ▲石垣残る植林帯を登ります


▲しめ縄をくぐりジグザグの登山道を進みます      ▲奥に滝が見えます(いたるところに登山道の表示有り)

小休止後出発....
やっと辛い植林の登りとも別れ自然林が現れた
所々崩れているトラバ−ス道を慎重に歩くが
朝早い為か薄暗く歩きにくい
最初の沢に着いた
冷たい水で顔を洗う....ふぅ〜生き返った(笑)
沢の中を赤テ−プケルンを目印に進みます。
目印が無いとちょっとわかりにくい場所なので注意!
水の中を歩くので滑らないように慎重に歩きます。
何度か沢を渡るとトラロープが設置されている
ガレ場が見えてきた
ガレ場をロープ頼りに登る....
最後の沢の急登を踏ん張りam9:15
やっと岩屋へ到着!岩屋の中には祠が祭られていた
手を合わせ、ここまで来れた事に感謝する
ここまで3時間弱〜大幅にコ−スタイム超過^^;


▲植林帯を抜けると沢が数箇所続きます


▲相変わらず急登             ▲ロープがかけられてあるルンゼ


▲ケルンを見失わないように〜           ▲アカショウマ


一箇所だけピンクのヤマアジサイがありました


▲沢には植物が沢山....       ▲標高1100m!100m毎に表示有り


▲岩屋1154m小さな祠が祭られています

岩屋を過ぎるとやっと尾根道に出た!
涼しい風が吹き抜け気持ちがよい
(本日のコースの中で一番快適だった場所)
さぁ〜ここからは快適な尾根道?と思ったら
目の前に大岩が見えてきた
一難去ってまた一難だぁ〜^^;
なかなかしぶといコース(涙)
大岩を登りきると初めて展望が良い場所に出た
筒上から椿山へ延びる稜線らしい....
景色を眺めながらしばし休憩
空を見上げると昨日とはうってかわって青空♪
やっぱり青空はいいなぁ〜


▲岩屋を過ぎると稜線                 ▲まだ岩場が待っていた^^;


▲やっと展望が開けてきました〜青空がうれしい♪

さぁ〜心も少し軽くなり山頂へ向けて出発.....
なだらかな尾根道を過ぎると道の両側にが現れてきた
笹の間には沢山のカラマツソウ♪
しかし風がありなかなかキレイに写せません....
最後の急登を踏ん張るとam10:20やっと雨ヶ森山頂到着!
ここまで約4時間かかった。
標高差900m、石立山に匹敵する山かも知れません
でも情報?通り山頂からの展望は素晴らしい〜
ぐる〜っと山座同定....360度バッチリです。
目の前には石鎚山系の山々がそびえています。
やっぱり登ってよかったなぁ〜最高!
昼食には早いうえ日陰が無いので風通しのよい場所まで
下りる事にした。


▲ヤマシグレ                       ▲コナスビ


▲雨ヶ森山頂1390m                  ▲石で囲った祭り場


▲山頂からの展望♪


▲石鎚がこんな形に見えます           ▲山頂から見上げた空


▲カラマツソウが沢山咲いていたのですが風で揺れて^^;      ▲しつこく青空(笑)

山頂のに手を合わせてから下山する。
急登だったということは降りるのも大変!
滑らないように慎重に歩く....
傾斜がキツくスピードを出せない。
岩屋の少し上の尾根道まで下りてきた
ここで昼食♪涼しくて気持ちが良い〜
今日は私達だけだと思っていたら十数名の
パーティが登って来られた。
皆さん、汗ビッショリです。頑張れ〜
昼食後のんびり下山〜
沢付近でももう一組のパーテイにお会いした。
結構、人気のコース?なのかも....
登るのが大変だった分降りるのも一苦労^^;
足がガクガクになりながらどうにか登山口まで下りてきた。
さすがに暑さと急登でバテましたが植林有り・沢有り・岩場有り
変化に富んだいいコースだと思いました。
次回は涼しい季節にもう一度チャレンジ(笑)
さぁ〜時間が早いので次の山へ向かおう.....
懲りない私です(^^ゞ



※この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、
数値地図50000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。
(承認番号 平17総使、第596号)



inserted by FC2 system